多趣味な20代サラリーマンの日常

多趣味で話したいことがたくさんある、20代サラリーマンのブログです。日常の出来事をありのままに紹介します。

神保町のつけ麺屋『麺屋33』に行ってみた。

どうも!

 

減量中なのにつけ麺を食べてしまったtao(@blogtaotao)です♪

 

自己紹介記事はこちら↓↓

 

 

tao-tao.hatenablog.com

 

 

なお、常に減量中と言っていることはヒミツです。

 

神保町といえば、明治大学専修大学日本大学などが近く、学生も多いこともあり、飲食店激戦区です。

 

中でも、ラーメンとカレーが代表的かと思います。

 

出版社を中心にオフィスも立ち並ぶことから、各店舗が凌ぎ削っている印象ですね。

 

その神保町の近くで働いている私ですが、つい先日つけ麺である『麺屋33』に行ってきたので、レポートをします!

 

『麺屋33』

 

お店の名前がそもそも特徴的ですね。

 

めんやさんじゅうさん

 

と読むそうです。

そのままですね。意図はわかりません。

 

神保町交差点を水道橋方面に歩くこと4,5分。

 

右手に見えるのがこのお店。

 

f:id:tao-kun:20181014161707j:image

 

店内には8席ほどのカウンターがあり、横には狭く、奥に広い間取です。

 

金曜19:30くらいに訪問して、店内には壮年の男女アベックと、20代の会社員風の女性2人組の計4人がいました。

 

そしてなんと40代くらいの若いお姉様がひとりで接客から調理をしていました。

いわゆるワンオペですね。

 

このお姉様の愛想がとても良くて食べる前からウキウキ気分でした。

 

メニューはこんな感じで前金制です。

 

カウンターでオーダーしてその場でお支払いです。

 

f:id:tao-kun:20181014162724j:image

 

私はスタンダードな つけ麺33 塩(850円)をオーダー。

 

f:id:tao-kun:20181014162706j:image

 

同額で並盛と中盛が選択できるので迷わず中盛を選択。

(ここで並盛を選べる人がきっと太らないのでしょう・・・)

 

麺は太麺と極太麺の二択ですが、通常は太麺とのことでしたので、太麺で。

 

待つこと6分ほどで来ました。

 

f:id:tao-kun:20181014163205j:image

 

つけ汁がこれ。

 

f:id:tao-kun:20181014161452j:image

 

とろみのある濃厚な口触りで、しっかりとした味付けでした。

 

麺につけ汁が絡みつき、トッピングの柚子がさっぱりと効いてて、クドくない味わいでした。

 

このトッピングは、柚子か刻みネギからチョイスできますが、柚子を選んで良かったかな、と感じました。

 

なんだか柚子を摂取しているだけでそのさっぱり感で不思議とカロリーも消えているのでは?と錯覚してしまいますよね?

 

柑橘系の刺激でカロリーが消されて、ゼロキロカロリーですよね??

 

・・・ね???

 

はい。

 

というわけでは、ペロリと完食をし、大変満足でした。

 

食べている途中にひとり新たに入店してきたので、ラーメン激戦区といえど、勝ち残れているほどの集客があるのだと思います。

 

また訪れたいと思える、

 

・味

・接客

・立地

 

でした。

 

神保町に行かれる際には是非寄ってみてはいかがでしょうか。

 

次は何を書こうかな〜