多趣味な20代サラリーマンの日常

多趣味で話したいことがたくさんある、20代サラリーマンのブログです。日常の出来事をありのままに紹介します。

【実体験】家族婚のすすめ~家族だけの結婚式~

どうも!

 

家族だけを招いて挙式と会食をしたtao(@blogtaotao)です✫

 

taoってこんな人なんです!

 

 

www.tao0516tao.com

 

2018年の11月10日に、めでたく結婚式を挙げたtao家ですが

挙式と会食(披露宴)は家族だけ、そして夜には友達呼んで1.5次会を

しました。

 

同日に①家族婚と②1.5次会をしたんですね。

 

いろいろと理由はありますが、このようなカップルは今結構

増えているみたいです。

 

ハナユメのアンケートによれば、全体の約17%弱とのこと。

 

実際に私の周りでも親族のみで結婚式を挙げた人がちらほらいます。

 

体感としてはちょうど17%弱といったところでしょうかね。ええ。

 

きっとこの記事を読んでいるあなたも家族婚って実際どうなの?

なんて疑問と不安で辿り着いたのではないでしょうか。

 

この記事では実際に家族婚を経験したtaoが独自の視点で

家族婚についてその特徴を紹介していきますので、疑問や不安の

解消材料となれば幸いです。

 

せっかくなので、実際の挙式の写真を添えてスタート!

 

f:id:tao-kun:20181229201105p:plain

 

(小ネタ)結構ダイエット頑張ってどうにかタキシード着ることができました(笑)

 

 

 

 

①家族婚って?

この記事内で指す「家族婚」とは、

 

・近い親族のみで

・少人数の

・披露宴は会食スタイル

 

と定義します。

 

近い親族とは、これもなかなか曖昧ですが、親、祖父母、兄弟、叔父叔母、

いとこ、この辺りですね。

 

ちなみにtao家は、それぞれの親、祖父母、兄弟のみで

新郎新婦込みで13人という一般的な結婚式に比べると至って

少人数だったのではないでしょうか。

 

それでも、望んでいたカタチなので満足度はとっても高かったですよ。

 

よく皆さんがイメージされるであろう大きな会場で司会が進行し、

演出も派手で余興がある、みたいないわゆる「披露宴」はせずに

アットホームな会食スタイルでした。

 

新郎新婦を囲み、集まった親族が会話をしながら、普段より少し贅沢な食事をする。

そんな雰囲気で和やかな時間でした。

 

中でも私の祖父と妻の兄が隣の席でお酌をし合っている風景に

「あー、こうやって親族も含めて家族になるんなんだなあ」なんて感じられた

のが印象深いですね。

 

②気になる結婚式の相場と実際掛かった費用

一生に一度の結婚式。

(一応予定では誰しも一生に一度と覚悟を決めているはず(笑))

 

盛大にいきたいのは当たり前ですが、自分のお財布とも相談は必要ですね。

 

まずは一般的な結婚式の相場は、324.6万円ハナユメ参考)。

 

これが高く感じるか意外と安いじゃんと感じるかは人それぞれですが

少なくとも私は大きな額だなあと感じます。

 

結婚式って、お色直しするだけでも10万くらいポンポン飛ぶし

お花を増やすだけでも数万単位で積み上がるし、打ち合わせを

重ねると何だか金銭感覚がマヒしてくるんですね。

 

だから、たとえばテーブルクロスを自分好みの色に変更しようにも

別料金で1テーブルにつき3,000円でテーブル数が10台なら

それだけで3万円。

 

ただの布ごときに3万円だよ?!(失礼)

 

ケーキナイフにお花付けたいな、やっぱ生花だよね。

はい、1万円。

 

いや、ケーキは食えても生花は食えませんよ!!!(デブ)

 

とまあ、油断しているとどんどんと始めのお見積金額から

増えていく。

 

そうこうしているうちに、324.6万円に到達してしまうのでしょう。

経験したからこそ、とてもよく分かります。

 

さて、こんなに文句たらたらのtaoは実際どれほどの金額で

結婚式を挙げたのでしょうか。

 

・・・・・・・・なんと!

 

そのお値段。

 

50万円弱です!!!

 

これちょっとすごいですよね?

平均324.6万円のところ、たったの50万円弱。

 

そのカラクリはやはり、少人数であることが大きな理由でしょう。

 

結婚式に掛かる費用のうち結構な割合を占めるのが

挙式はもちろんですがそれよりも、披露宴の料理と引き出物です。

 

料理も引き出物も基本的には頭数必要です。

 

つまり単純に人数が増えれば増えるほど、費用も増えていくんですね。

 

1万円のフルコースと3,000円の引き出物だとしても、

1人につき13,000円。

 

50人呼べば、65万円。

 

それがtao家を例にとれば、13,000円×13人=169,000円

 

すごいよ、この差は。

 

それに下世話な話をすれば、親族はご祝儀も弾むのでなんなら結婚式をする

だけでプラスなんてことも・・・(ゴクリ

 

余ったお金で新婚旅行を豪華に、なんてーのも夢じゃない。

現に僕らは結婚式を最低限に抑えて、新婚旅行に注ぎ込みました(笑)

 

こりゃ家族婚をするっきゃない。

 

③こんな人に家族婚はオススメ!

・費用を抑えたい

誰だって費用は安けりゃ安い方がいいと思うんだけど、さっきも

書いたように気付けばめちゃくちゃ大きな額になっているのが結婚式。

 

じゃあ、人数少なくしちゃえばそもそもそこまで上がりようがない。

これで解決。

 

・さすがに結婚式は挙げておきたい

親族へのお礼や親にドレス姿を見せておきたい、っていうどちらかと

いえば、自分のためではなく家族のため、と捉えている人に向いてます。

 

安いからって価値がないわけでもないし、むしろ少人数の方がひとりひとりとの

時間が濃くなるしね。

 

・家族と友達を会わせるのが恥ずかしい

これ、結構あるあるだと思うんだけど、なんだか気恥ずかしい。

 

家族と自分の友達が同じ場にいることが想像しづらい、ってのあるよね?

 

そんな人はいっそのことイベントを分けてしまいましょう。

 

・友達とは思い切りハメを外したい

家族の前だとハメを外すにも外しきれない。

 

なんせ、相手の親族もいるんだし・・・。

 

でもせっかく自分が主役の会。

ここではっちゃけないでどこではっちゃけるんだよ!!

 

ご安心を。

友達だけを招いた1.5次会を設ければ問題なし。

 

そちらで好きなだけハジけて、家族婚では真面目に。

厳かな雰囲気とアットホームさを楽しみましょう。

 

1.5次会ですべてをさらけ出そう。

 

・家族の拠点と友達の拠点が遠い

家族は地方にいるけど、大学からは都会に出て都会で就職したから

友達はだいたい都会にいるんだ・・・

 

こんな人も多いはず。

 

挙式と披露宴に親族と友達を招こうと思ったらどちらかは

遠くまで来てもらわざるを得ない。

 

あああああどうしよう。

 

でも大丈夫。

そう、家族婚ならね。

 

地元で家族婚をやって、後日都会で1.5次会やりゃええねん。

 

④まとめ

 

こんな風に家族婚にはメリットがたくさん。

 

当然、メリットもあればデメリットもあるのが世の常。

 

といっても、実際に家族婚をしてみた感想としては、

デメリットを感じなかったってのが正直なところ。

 

なんだろう、デメリット。

・・・本当にない(笑)

 

安く済むし、アットホームだし、友達に気を遣わせないし、

新婚旅行にたくさんお金を回せるし。

 

もし、家族婚か一般的な結婚式かで迷われている方は、

この記事を読んでよくよーく考えてみてください!

 

生花1つ増やすくらいなら、新婚旅行で美味しいもの食べましょうよ。

 

ただ、会場ってホントにたああああくさんあるから、専門家に

お任せするのが良いかもしれませんね!

 

 

 

 

そして、1.5次会の会場選びのポイントを実体験をもとに

僕なりにまとめてみましたので、こちらも要チェック。

 

 

www.tao0516tao.com

 

 

次は何を書こうかな~