多趣味な20代サラリーマンの日常

多趣味で話したいことがたくさんある、20代サラリーマンのブログです。日常の出来事をありのままに紹介します。

飛行機で長時間。必須の持ち物とは?

どうも!

 

ちょうど最近、長距離フライトを経験して、持って行って良かった物が判明したtao(@blogtaotao)です☆

 

ハネムーンでモルディブに行ったんです。

 

そもそもモルディブってどこだよ!って方がほとんどかと思いますがインド洋に浮かぶ楽園です。

 

f:id:tao-kun:20181224210409j:plain

ここ、泊まったところです。

 

簡単に言えば天国です。

 

ただね、少し遠い。

 

僕らはスリランカ経由で行ったんですが、まず成田空港からスリランカのコロンボ空港までが約9時間

 

そこからモルディブのマーレ空港まで約1.5時間

 

そしてマーレ空港から国内便で1時間で目的地近くの空港に到着。

 

余談ですが、さらにここからスピードボートに15分ほど乗ってようやく泊まるリゾートに到着笑

 

こうやって書き起こすとなおさらその時間の長さが感じられますね。

 

僕はこれまで長くても7時間ほどしかフライトしたことがなかったんで、まずスリランカまでの9時間っていうのが未知だったんですね。

 

事前によく海外出張している知人から、これ持っていった方がいいよ!

 

って教えてもらったものを実際に持っていったり持って行かなかったり。

 

f:id:tao-kun:20190226222403j:plain

モルディブの国内線


 

 

 

 

 

 

このカテゴリーで紹介してみようと思います。

 

 

なんと、100均で手に入るものまで・・・?!

 

①持っていってよかったもの

 

・クッション

空気を入れて膨らますタイプがオススメ。

かさばるからね。 

 

お尻に敷くもよし、腰にあてるもよし。

 

使わないときは空気を抜くだけでコンパクトになるし、

膨らませるのもあっという間で。

 

ずっと長い間座っていると、結構お尻が痛くなっちゃうから、

本当に持っていってよかった!

 

ダイソーで買えたからお得でしたよ。

 

・ネックピロー

これねー、初めて使ったけどめちゃくちゃ有能。

 

座ったまま寝るとどうしても、首の不安定さや首の痛みで

起きちゃうってことあるよね?

 

それがしっかり固定されて長時間フライトでも安心して眠れるんです。

 

僕らが買ったのは、ネックピロー部分にブランケットが丸めて

収納されていて、チャックを開ければその丸まったブランケットが

出てくる、みたいな。

 

伝わってるかな?!

 

こんな感じのやつ。

 

 でもね、飛行機ってたいてい毛布もあるから、正直もっと簡易的なので

よかった(笑)

 

夜行バスとかには向いてるかもね。

 

・マスク

 

そうそう、機内における最大の敵は「乾燥」。

 

喉がカラッカラになるね。

 

ちょっとうたた寝して気を抜こうもんならもう喉がバリバリのイガイガ。

 

到着前に体調崩すことにもなりかねない。

 

マスクを持っていったおかげでそんな心配はまったくなく快適に過ごすことができました。

 

あと男性は帰りの便に乗る際に髭剃りが面倒だなー、帰るだけだしなー、ってときに隠せる、っていう利点もある笑

 

女性も目元のメイクだけで乗り切れる笑

 

・ハンドクリーム

 乾燥が本当にひどい。

 

手荒れがひどい人に飛行機はもう地獄ですよ。

僕自身何年も手荒れに悩んでいるので、欠かせませんでした。

 

とりあえず何かしら持っていけばOKだけど、どうせなら

しっくりくるやつを見つけてほしいので、そんなあなたには

この記事がオススメ。

 

 

www.tao0516tao.com

 

・お菓子

 

これ意外と盲点で、雨とかガムとかはもちろん、ちょっとしたスナック菓子とかあると小腹が空いたときにめちゃくちゃありがたい笑

 

あとお菓子は最悪飛行機で食べなくても旅中につまんでみたり、日本が恋しくなったときに眺めたり。

 

何かと役立つ。

 

ただ臭いが強かったりバリボリ音がうるさいのは、マナー的にNGかな。

 

正直、キットカットが万能だと信じてやまない僕としては、もうキットカットさえあればOK。

 

キットカットは世界を救うよ。

 

 

ちなみに、僕ら夫婦は映画を観る、という定番のことももちろんやりましたが、数独とソリティアを狂ったかのようにめちゃくちゃやりまくってました笑

 

数独をしっかりやったの初めてでハマってしまった。

 

機長のアナウンスが入る度に中断されるんだけど、あれが待てないくらいハマっていた。

 

ソリティアも久々にやると結構頭使うし、あの飛行機の淀んだ空気がパリッとした感じがして(いや、パリッとなんてしていない

 

そんな時間の使い方ができたのも、持ち物が揃っていたからでしょう!(強引

 

でももし他にこれがあったら、、、なんて感じたものを紹介していきます。

 

②持っていけばよかったもの

 

・簡易なスリッパ

 

気圧の関係で脚がとてーも浮腫む。

 

靴を履いているとより一層血行が悪くなってもう悪循環。

 

かといって靴脱いでいると、トイレ行くときにまた履いて、脱いで、浮腫んでて履きづらくて、

 

なんていちいちストレス感じたくない!

 

そんなときに、簡易なスリッパがあればどんだけラクだったことか。

 

航空会社やクラスによっては備え付けられてるパターンもあるみたいだけど、そんなにかさばるものでもないから、手持ちバッグに忍ばせておきたいね。

 

ホテルとかにあるこんなやつね。

 

 

 

これなら使い捨てできて、便利。

 

 

・アイマスク

 

アイマスクはホントに持って行けばよかったと後悔してる。

 

いくら消灯していたとしても、やっぱ明るいんだよね。

 

目の疲れって旅に強く影響するから、安眠するにもしっかり暗さを確保しなくちゃ。

 

眠くなったらすぐ眠れる準備をしておくことで、旅を満喫しよう。

 

これももちろん100均で十分かなーと。

 

③まとめ

 

GW10連休や夏休み、長期休暇にどこか遠くへ、、、

 

なんて考えているあなた!

 

旅程を決めるのもいいけど、フライトを甘くみちゃいけません!

 

しっかり準備して、目的地を万全な状態で楽しんじゃいましょう( ´∀`)

 

GW10連休の理由をサクッと知りたい場合はコチラ

 

 

www.tao0516tao.com

 

 

次は何を書こうかな〜