多趣味な20代サラリーマンの日常

多趣味で話したいことがたくさんある、20代サラリーマンのブログです。日常の出来事をありのままに紹介します。

金沢のちょっといいホテル。「金沢白鳥路 ホテル山楽」へ行こう!

どうも!

 

金沢でプチ贅沢をしたtao(@blogtaotao)です✫

 

食べて、飲んで、食べて、飲んで。

 

羽田から小松までは飛行機で。

 

ホテルはちょっとお高い「山楽」で。

 

ね?プチ贅沢だよね?

 

でもこれにはカラクリがあって、

 

・航空券⇒往復ともマイルで調達♪

・宿泊費⇒カフェテリアプラン利用でほぼタダ♪

 

こんな感じで実際に負担した費用は、

食事代とおみやげ代くらい!

 

その分、食べ物にはたっくさんお金を費やしたので

結局安かったのか高かったのかは微妙・・・(笑)

 

ただ、満足度はものすごく高かったので、良しとしましょう。

 

さて、この旅のメインは海鮮も去ることながら、

僕ら夫婦は温泉好きということもあって、天然温泉がある

金沢白鳥路 ホテル山楽」への宿泊だったんですね。

 

この山楽のおかげで金沢旅行が大満足に終わった、といっても

過言ではない!

というわけで、今日はこの「金沢白鳥路 ホテル山楽」について

感想をバババアアアアアっとお伝えします。

 

 

 

■魅力・特徴

・フロントが丁寧

 

僕自身、実は学生時代にビジネスホテルのフロントとして働いていたことがあるんですが、そのときにめちゃくちゃ丁寧な対応を心掛けていました。

 

ただ、このホテル山楽のフロントはそれをも凌駕する丁寧さと感じの良さで驚きましたね。

 

これも雰囲気にやられた、という説も濃厚ですが(笑)

 

・ロビーが綺麗

 


f:id:tao-kun:20190323121658j:image

 

見てくださいよ、このロビー。

まるで、美術館に来たかのような雰囲気。

この雰囲気にやられたのかもしれません。

 

奥にはステンドグラスでラグジュアリー感がものすごい。

 

これでいきなり出迎えられちゃうんだからテンション爆上げです。

 

いいとこ来たな~って。

 

・アクセス抜群

金沢の中心にあるといっても過言ではなくって、周りを観光名所に囲まれています。

 

近江町市場

金沢城

兼六園

21世紀美術館

ひがし茶屋街

金沢地裁

 

ぜえええええんぶ徒歩圏内。

金沢地裁なんて歩いて3分くらい!!

 

もちろん裁判傍聴したよ!せっかくの平日だったからね!

妻は初傍聴だったようで、結構楽しんでました(笑)

 

あらゆる観光場所から近いと何がいいって、チェックイン前に荷物を預けて観光、チェックアウト後にも荷物を預けて観光、ってのができちゃうところ。

 

ロッカー代も馬鹿にならないし、重い荷物を持ちながらの観光なんてもってのほか!

 

そんでもって、金沢駅まで徒歩圏内なんだから素晴らしい。

だいたいスーツケース引きながらでも15分~20分くらいだったかな。

 

街並みを眺めながらだからあっという間でした。

 

そうそう。フロントでチェックイン時にもらえる手作りマップが可愛くて。

 

土地勘ないとこういうわかりやすいのってありがたいよね。

https://sanraku.premierhotel-group.com/kanazawa/images/pdf/about_pdf02.pdf

 

・天然温泉

こんな中心地にあって天然温泉とは嬉しい。

歩き回ることが多い、金沢旅。

 

脚の疲れを癒してくれますね。

決して充実した温泉設備ではありませんが、しっかりと大きな浴場なのでゆったりと浸かれます。

 

・風呂上がりのアイス、ジュース無料。

 

これね、嬉しかった。

 

まず、脱衣所にファミレスのドリンクバーのようなものがあって、オレンジジュースとウーロン茶とあと何かがあった。

 

オレンジジュースをゴクリ。

ぷはーっ

 

風呂上がりの牛乳やビールは当然最高ですが、オレンジジュースも最高ですね。

 

それと、脱衣所を出るとシャトレーゼのアイスコーナーが。

 

なんて贅沢な。

妻が風呂から上がってくるのを待っている間になんと2個も食べてしまいました。仕方ない。うまいんだもの。

 

せっかく温まった身体もすっかり冷えました(笑)

 

・マットレスがエアウィーヴ

初めて使いましたよ、エアウィーヴ。

こりゃ浅田真央ちゃんも愛用しますわ。

 

普通のマットレスって柔らかすぎたり、堅くて眠りづらかったり。

でもエアウィーヴの場合はほどよい弾力で包み込んでくれる。

 

不眠症気味の僕ですらぐっすり、そう!good sleepでした。

 

疲労も味方してくれて。

 

和室で心もゆったり。最高の時間でしたよ。

 


f:id:tao-kun:20190323121707j:image

 

・ 朝食バイキングでのどぐろ

 

 

f:id:tao-kun:20190323131113j:plain

 

なんですかこれは!!!

のどぐろを自分で焼いて好きなだけ食べられるなんて・・・!

 

やっぱ金沢行くならのどぐろ食べなくちゃ!ってことで、前日はのどぐろの寿司を食べましたが、ここでも一夜干しを。

 

うううううううん、うまああああああい

 

身がしまってるんだけど、しっかりと脂がのっていて、ほどよい塩味。

 

ごはんが進みます。

 

その他にも金沢の郷土料理がたくさんで、なんならこれだけでもう十分満喫できちゃうのでは?と考えてしまうほど。

 

f:id:tao-kun:20190323131405j:plain

 

カレーもしっかりいただきました。

のどぐろもう1尾食べればよかった、と少し後悔。

 

とまあこんな感じで、プチ贅沢なホテルの泊まってみて、やっぱりお金を出す価値はあるなあ、と。

 

安宿に泊まるのも正直嫌いじゃないけど、たまには贅沢したいじゃないっすか。

 

ただ、お金を出すならしっかりとリサーチしたいよね。ってことで、この記事がその助けになれば嬉しいね。

 

予約はやっぱり、じゃらんでサクッと。

 

 

 

 口コミはいろんな記事でしっかりと!

これでみなさんも楽しい贅沢旅ができちゃうかも。

 

 

ちなみに、この前日に泊まったホテルはなかなか

クセが強かったので、そのレビュー記事も是非読んでみてください(笑)

 

 

www.tao0516tao.com

 

 

皆さんも是非、「金沢白鳥路 ホテル山楽」へ宿泊してみましょう!

予約はちゃちゃっとじゃらんで♪ 

 

 

次は何を書こうかな~